• MV

    MESSAGE

    学生へのメッセージ

FROM

YAMAMOTO HIDEAKI

代表取締役 山本 英明

社長からのメッセージ

いずれ社長やってみませんか

ヤマチュウというのは、会社の社屋や工場のことを言うのではありません。ここで働く全ての社員の集合体のことです。 そのヤマチュウ社員は一人ひとりが幸福・ゆとり・誇らしさを実感し、「やりがい」の持てる企業を目指しています。そのために社員は自分の「人生」を大切に考え、「学び」「成長」を真剣・永遠に希求し、成熟した人として魅力的でカッコイイ「生き様」を身につけていくことになります。

当社を受けていただくための必須スキルは「大きな声で挨拶ができる」こと、そして「チャレンジ精神」です。 国内はもちろんですが、世界にはまだまだ未知の領域が多くあります。農業を成長産業にしていくエンジンとなるべく、「チャレンジ精神」が旺盛で、「向上心」に溢れた、多種多様な考えや知識、経験を持つ「元気のある、面白い若者」に会えることを楽しみにしております。

FROM

EDAMAME CLUB

えだまめ倶楽部 部長 大友直人

えだまめ倶楽部 部長 大友直人からのメッセージ

学ぶ場を自らの手で作る

会社に入ると若手社員は仕事で覚えることが多くあり、それだけで手一杯になってしまいがちとなります。それを打破していくために結成されたのが、ヤマチュウ青年部えだまめ倶楽部。メンバーは入社2年目から35歳までで、現在は20名ほどで活動をしています。 えだまめ倶楽部の目標は「若手が自分たちで作る学びの場になること」です。最も柔軟な考えを持っていて、好奇心を持って精力的に動くことができるのがこの『若手』といわれる世代。この時期に、会社の指示や業務ではなく、若手社員が自ら集まり、今不足しているものは何かを自分たちで考え、知識と見識を増やすために実際に学ぶ場を自らの手で作っています。

ヤマチュウは、こういう活動をしたいといえば、しっかりと応援とバックアップをしてもらえ、そのうえ任せてくれる会社です。就職活動は大変だと思いますが、近い将来に皆さんがヤマチュウの中で、えだまめ倶楽部の一員として新しい風を起こしてくれる日を楽しみにしております。

えだまめ倶楽部とは

えだまめ倶楽部

ヤマチュウでは2017年に青年部「えだまめ倶楽部」が発足。会社からは予算を渡しますが、口出しをしません。若い人が自分たちで考え、必要だと思ったことを実行します。 通常の業務や部署から外れ、自分たちが学びたいことを学び、行ってみたい場所に行き、やってみたい事をやってみる場となっています。

ENTRY

エントリー