畑から想いを込めて

~小麦生産にかける想い~

国産小麦の6割以上を生産する大地「北海道」。
そこに、作物に込めた気持ちを届けたいという想いを持った小麦生産者がいます。

それが「チホク会」です。

チホク会誕生

食の安心・安全や、顔が見える農作物が声高に叫ばれる前の1990年。
ヤマチュウに小麦の集荷を委託した15名の小麦生産者によりチホク会は設立されました。
「チホク」とは当時の主力品種「チホクコムギ」からつけられた名前です。
当初は栽培技術の情報交換や親睦を目的としていましたが、
時代の移り変わりと共に、チホク会の活動は幅を広げていきました。

つながること

日本一の生産量を誇る北海道の小麦ですが、その大半はうどん用の中力粉でした。
消費者が求める菓子用やパン用小麦を栽培したいと思っても、
環境条件に合わない品種を栽培するということは、簡単なことではありませんでした。

チホク会では、当時は正式品種として登録されていなかった、
パン用小麦「キタノカオリ」を研究機関と共に試験栽培し、実用化に大きく貢献しました。
それだけにとどまらず、ヤマチュウと共に
十勝産100%のパン用強力小麦粉「春の香りの青い空」の開発に取り組み、これを商品化しました。

「自分たちが畑で育んだ小麦が人の口に入る。」
当たり前のことかもしれませんが、小麦という作物は、つくる側がそれを感じることが難しい作物でした。

しかし、十勝産100%の小麦粉。
それも消費者が求めるパン用「春の香りの青い空」ができたことで、
「つくる」だけではなく、直接会って「伝える」ことができるようになりました。

小麦を栽培した生産者と共に取り組むパン教室を開催。
「つくる」側と「たべる」側の全く違った「食」に対する考え方を互いに知り、互いに理解することで、つながりが生まれます。

十勝産100%小麦粉を主としたオール十勝産食材で「十勝焼き」を開発し、帯広で行われたホコテンに出店。
十勝に住む方々が、この地で育まれた作物を、「美味しい」と言って食べてもらえる。
これこそが「つくる」ことの一番のやりがいです。

これらの活動を通してできた「つながり」は、少しずつ広がります。
一方からの発信ではなく、互いに理解することで生まれた言葉は多くの方に届きます。
その「つながり」によって、その「互いに紡いだ言葉」によって、新しい食の価値観が生まれます。
それは、きっと素敵な食文化となるでしょう。

未来に向けて

食に関する問題が、国民的な関心事になってきた昨今。
今まで以上に「つくる」と「たべる」に関わる双方のコミュニケーションが必要となってきました。
今まで起きた問題は、ひょっとするとコミュニケーションが足りなかっただけなのかもしれません。

チホク会は、これからも食べる人に「美味しい」と言っていただけるよう、
真剣に畑に向かい合い、そして皆さんに語りかけます。

もし、どこかでお会いすることがあったら、食べる方の気持ちを聞かせてください。
チホク会は、その気持ちを畑に持ち帰ります。
「皆さんの想いに応えたい」という信念を持って畑に向かい合います。
そして、美味しい農作物をお届けします。

畑から、想いを込めて。

チホク会活動一覧

株式会社 山本忠信商店 電話 0155-31-1168
〒080-0302 北海道河東郡音更町木野西通7丁目3番地